ARTLOGUE 兵庫県美術館・博物館 神戸市中央区美術館・博物館 脇浜海岸通美術館・博物館

美術館・博物館

兵庫県立美術館


兵庫県立美術館

概要

「兵庫県立美術館」は平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災からの「文化の復興」のシンボルとして、HAT神戸(震災後、21世紀の都市文明を先導する都市空間として整備された神戸東部新都心の愛称)に平成14年4月に誕生しました。
美術を中心とする芸術活動の積極的な展開を通じて、21世紀の都市生活の共通課題である「人間のこころの豊かさ」の回復・復興、とくに未来を担うこどもたちの感性の涵養やこころの元気アップを図るため、6つの基本構想に沿った美術館を目指します。

  • 「文化の復興」と新しいまちづくりの核となる美術館。
  • 県立近代美術館を発展的に継承した美術館。
  • 多様な芸術活動に対応した美術館。
  • 新しい美術を創造する未来志向の美術館。
  • 県民に開かれた参加・体験する美術館。
  • 国際交流の拠点となる美術館。

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

ホテル

グルメ

兵庫県立美術館 - 住所および地図

〒651-0073 兵庫県 神戸市 中央区脇浜海岸通1丁目1−1

アリスの世界を堪能できる!

アリスは物語の大まかな流れは知っている程度の知識で行ったのですが、あらすじと一緒に挿絵や様々なアーティストのアリスが展示されていてとても楽しかった。出てからの物販もグッズが数えきれないくらい種類があり見ているだけで楽しかった!

あらゆるアリスファンに見て欲しい

行きたいと思っていた展覧会のひとつです。展示はコンパクトですが、ストーリー性があり、様々な楽しみ方が出来ると思います。私は音声ガイドを聞きましたが、ここだけのエピソードや時代背景なども知ることが出来、映画「アリス・イン・ワンダーランド」が好きな人はより楽しめるのではないかと思います。 原作、オリジナルの作品形態と、近・現代アートの新形態が融合され、その継承された部分や別の視点を考察することができ、アリス好きには堪らない展覧会でした。 過去に販売されていたアリスのムック本等に掲載されていた作品も幾つかありましたので、気になる方はぜひ。

想像以上によかった!

友達に誘われて行ってきました。 はじめての兵庫県立美術館。安藤忠雄さん設計のコンクリートむきだし、重厚な建築にまずは圧倒されました。(さらに海も見えました!すてき!) アリス展は、正直、女子向けの可愛い世界観の内容だろうなぁとゆる〜いノリで行ったのですが、これが意外と濃かった。(なめててごめんなさい。)アリスの話が生まれた過程、その後のアリスの世界観が構築された歴史背景、しっかりと伝わってくる内容でした。グッズもバリエーション豊かでわくわくするものばかりでした。 建築自体もすてきで雰囲気良いし 展示も面白くて これはふつうにオススメですわ。はい。

いろんな層にささる!

アリスが好きな人も文学が好きな人もアートが好きな人もディズニーが好きな人も楽しめる展覧会でした! 展示室内も可愛くて第二展示室は写真もオーケー🙆‍♀️ 作品量もちょうどよく、楽しく観れました。

ARTLOGUE 兵庫県美術館・博物館 神戸市中央区美術館・博物館 脇浜海岸通美術館・博物館
このページに関するタグ

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。