mainA
ARTLOGUE 神奈川県展覧会 鎌倉市展覧会 雪ノ下展覧会

展覧会

清方と金鈴社の画家たちー吉川霊華・結城素明・平福百穂・松岡映丘ー

鎌倉市鏑木清方記念美術館 | 2019.4.18(木) 〜 5.22(水)
カレンダーに登録

清方と金鈴社の画家たちー吉川霊華・結城素明・平福百穂・松岡映丘ー

概要

大正期の鏑木清方の歩みは、日本画壇での地歩を固めるとともに、独自の芸術の創造を模索する道のりで、浮世絵の伝統を継ぐ美人画家として知られてもなお、新たな作域を求め続けました。 その頃、清方が重視していた活動の場に、官設の公募展である文展や帝展に次いで研究団体「金鈴社」がありました。大正5年(1916)に結成された金鈴社には、清方と当時、画壇の中堅だった吉川霊華、結城素明、平福百穂、松岡映丘が名を連ねました。それぞれが自由な研究と創作を行い、作品を発表し、互いに批評する。それを各々が制作に活かす会の活動は、大正11年(1922)まで続きました。 清方は、金鈴社同人との交流を通して次第に風景画に傾倒し、風景の詩的世界を美人画に取り入れる新たな画風の確立へ歩みを進めました。 本特別展では、清方の大正期を振り返るとともに、金鈴社とのかかわりをご紹介します。

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

ホテル

グルメ

鎌倉市鏑木清方記念美術館 - 住所および地図

〒248-0005 神奈川県 鎌倉市 雪ノ下1-5-25
ARTLOGUE 神奈川県展覧会 鎌倉市展覧会 雪ノ下展覧会
このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。