mainA
ARTLOGUE 東京都展覧会 港区展覧会 南青山展覧会

展覧会

尾形光琳の燕子花屏風-寿ぎの江戸絵画-

根津美術館 | 2019.4.13(土) 〜 5.12(日)
カレンダーに登録

尾形光琳の燕子花屏風

概要

尾形光琳(1658-1716)の筆になる国宝「燕子花図屏風」は、爛漫と咲き誇るカキツバタの群生を描いた草花図です。しかしそれは、『伊勢物語』の一節、三河国(現在の愛知県)の八橋の場面に基づくともいわれます。さらに、八橋は古来、和歌に詠われる「名のある所」であり、したがって、そうした「名所」の風景を描いた作品ということもできます。
そんな多面性にちなみ、このたびの「燕子花図屏風」の展示は、三章構成でお楽しみいただきます。
第一章に並ぶ作品が題材にするのは、平安時代以来の公家風俗や王朝文学です。それらは、江戸時代の人々にとって、日常とは異なる「ハレ」の気分の源泉ともなりました。
つづく第二章では、「燕子花図屏風」を中心に、草花を描いた作品を集めます。これら草花図も、江戸初期の宮廷周辺における草花ブームに端を発しています。
そして第三章は、祇園祭沸く京の都や、社寺参詣や物見遊山の人々でにぎわう各地の名所を描いた作品です。 当館が所蔵する洛外図屏風や名所風俗図屏風をまとめて紹介するはじめての機会ともなります。
王朝文化への憧れ、草花愛好、そして祭礼と遊楽。それらはいずれも、江戸時代になってもたらされた太平の世を生きる喜びの現れであり、それらを絵に描くことは、平和な時代を寿ぐ営みであるともいえます。 折しも、会期中には皇位の継承が予定されています。本展によって、ささやかながら祝意を表したいと思います。

【夜間開館】 5月8日(水)~5月12日(日)は19時まで開館(入館はいずれも閉館30分前まで)

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

ホテル

グルメ

根津美術館 - 住所および地図

〒107-0062 東京都 港区 南青山6-5-1
ARTLOGUE 東京都展覧会 港区展覧会 南青山展覧会
このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。