ARTLOGUE 東京都展覧会 世田谷区展覧会 奥沢展覧会

展覧会

宮本三郎 装飾性の展開

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館 | 2018.9.8(土) 〜 2019.3.17(日)
カレンダーに登録

宮本三郎《歌い手》1964年 世田谷美術館蔵:「宮本三郎 装飾性の展開」世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

概要

写実表現を得意としていた洋画家・宮本三郎(1905-1974)。生前より定評のあったその描写力は、ともすれば技巧的ともとられかねないものかもしれません。

一方で、宮本の作品を眺めるとき、平坦な背景や画面構成のあり方にも目が留まります。宮木の技術を際立たせ、さらに作品としての魅力とバランスを与えていたのは、この、フラットで装飾的な画面構成だったのではないでしょうか―

本展では、そうした間いから出発して「装飾性」をキーワードに初期から晩年までの宮本三郎の画業を追います。また、生涯のうち二度の渡欧を実現し、さらに西欧の美術に多くを学んでいた宮本ですが、それは同時に、自身が「日本の洋画家」であることの意味と意義を追求することを意味してていました。

日本美術の特色の一つともいえる装飾性は、たとえば江戸時代の浮世絵がクロードモネやフィンセント・ファン・ゴッホに驚きをもって迎え入れられたように、海外の画家たちにも深く影響を与えています。それが、宮本の作品世界にある種のアイデンティティとオリジナリティを与える要素であったともいえることを、数多くの作品が物語っています。

生涯を通じて多彩な表現に挑み統けた宮本三郎。その作品世界に通底する魅力を、「装飾性の展開」という視点から探ります。

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

ホテル

グルメ

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館 - 住所および地図

〒158-0083 東京都 世田谷区 奥沢5-38-13
ARTLOGUE 東京都展覧会 世田谷区展覧会 奥沢展覧会
このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。