mainA
ARTLOGUE 兵庫県展覧会 加西市展覧会 豊倉町展覧会

展覧会

春季企画展「発掘された銅鏡」

兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」 | 2019.3.15(金) 〜 9.10(火)
カレンダーに登録

春季企画展「発掘された銅鏡」

概要

日本における鏡の歴史は、弥生時代に始まります。当時、中国からもたらされた銅鏡は権力の象徴として用いられました。兵庫県内の遺跡からも中国鏡やその影響を受けて制作された銅鏡が数多く発見されています。本展では、県内出土の銅鏡と当館が所蔵する古代中国鏡を比較展示し、古代の日本と中国の人々の鏡に対する想いを図像の変遷などからたどります。◆連続講座「発掘担当者 鏡を語る(全5回)」◆要予約☎0790-47-2212、要観覧券6月1日(土)、6月15日(土)、7月6日(日)、7月20日(土)、8月3日(土)いずれも13:30~15:00イベント等詳細については、当館ホームページをご覧ください。

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」 - 住所および地図

〒679-0106 兵庫県 加西市 豊倉町飯森1282-1
ARTLOGUE 兵庫県展覧会 加西市展覧会 豊倉町展覧会
このページに関するタグ

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。