mainA
ARTLOGUE 東京都展覧会 江東区展覧会 三好展覧会

展覧会

百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-

東京都現代美術館 | 2019.3.29(金) 〜 6.16(日)
カレンダーに登録

横尾忠則《腰巻お仙》(劇団状況劇場)1966:「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」東京都現代美術館

概要

本展は、1910年代から現在までの百年にわたる日本の美術について、編集的な視点で新旧の表現を捉えて独自の創作を展開した編み手である作家たちの実践として、東京都現代美術館のコレクションを核に再考するものです。

岸田劉生が活躍した大正時代から現在まで、それぞれの時代の「編み手たち」は、その時々の課題と向き合い、「日本の美術のありよう」をめぐって批評的に制作してきました。本展で試みる日本の近現代美術をめぐる語りは、揺るがぬ史観に基づくものというより、さまざまな要素の選択的な「編集」を通して主体を揺るがせつつ制作を行う作家たちの活動に着目し、その背景を探っていくものです。さらに、時代とともに変化してきた、東京都現代美術館が位置する木場という地域をめぐる創造も紹介します。

日本の近現代美術史のなかに点在する重要な作品群を、東京都現代美術館の3フロアの展示室全体を使って総覧することで、百年にわたる歴史の一側面があきらかになるでしょう。

岸田劉生《椿君に贈る自画像》1914:「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」東京都現代美術館中原實《杉の子》1947:「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」東京都現代美術館鶴岡政男《重い手》1949:「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」東京都現代美術館桂ゆき《抵抗》1952:「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」東京都現代美術館靉嘔《田園》1956:「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」東京都現代美術館森村泰昌《肖像(少年1、2、3)》1988:「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」東京都現代美術館泉太郎《ステーキハウス》2009:「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」東京都現代美術館加藤泉《Untitled》2013:「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」東京都現代美術館
「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」フォトギャラリー
※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は法律で禁止されています。

 

開催概要
----------------------------------------------------------
会    期:2019年3月29日(金)~6月16日(日)
会    場:東京都現代美術館 企画展示室 3F/1F/地下2F
観覧料:一般 1,300円(1,040円)/大学生・専門学校生・65歳以上 900円(720円)/中高生600円(480円)/小学生以下無料 ※()内は20名以上の団体料金、企画展のチケットでコレクション展も観覧可能
開催時間:10:00〜18:00(3月29日は20:00まで)
休館日:月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火) ※3月29日は入場無料

〈同時開催〉
コレクション展:MOTコレクション ただいま/はじめまして

※最新情報や詳細についてはこちらをご確認ください。

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

※ 情報は取得時のものです。お出かけの際にはオフィシャルサイトにて情報のご確認をお願いいたします。
情報に誤りを発見された場合、ご連絡をお願いいたします。>> お問い合わせフォーム

写真記事

ホテル

グルメ

東京都現代美術館 - 住所および地図

〒135-0022 東京都 江東区 三好4-1-1

【インターンレビュー】様々な編み手たち

【企画展 100年の編み手たちー流動する日本の近現代美術―】 1910年代から現在までの100年にわたる日本の美術について「編集」の目線にたって捉えた作品たち。戦前から戦後にかけて、施設内をまわる形で作品を眺めていきました。特に印象的だったのは7章「イメージを編む」の「マリリン・モンロー」(アンディ・ウォーホル)。イメージ操作という60年代から70年代にかけて加速した編集を一連の絵の中で強く感じました。

ARTLOGUE 東京都展覧会 江東区展覧会 三好展覧会
このページに関するタグ
関連する記事

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。